アプリケーションエンジニア 加藤 あい

アプリケーションエンジニア

2017年3月入社

加藤 あい

Ai KATO

女性としてのあり方を大切にしながら、
エンジニアとして世界を変えていく仕事に関わりたい。
PROFILE
東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻課程修了後、リコー入社。ソフトウェアエンジニアとして10年間、研究、開発、テクニカルアドバイスなどに従事。その後、お菓子材料と道具の専門店クオカのECサイトの開発・運用を経て、クラウド会計ソフトのfreeeに参画。アプリケーション基盤開発に携わる。2017年3月にラクスル入社。基盤事業である印刷EC「ラクスル」の開発を担当。

目指したのは自分の力を使って誰かを応援する仕事

大学に進学し、テニスサークルに所属。テニスは個人競技かと思いきや、仲間の応援に励まされて試合の流れが変わっていくという局面を何度も目の当たりにし、“応援”にはものすごい力があるということを知りました。

それ以来「自分の力を使って誰かを応援できるような仕事がしたい」と思うようになったのですが、理系専攻とはいえ白衣を着ている自分の姿が想像できなかったんですよね。なんとなく「将来はオフィスで働いている気がする!」という直感もあり、マイペースな自分でも続けられそうなソフトウェアの研究開発の道に進みました。

中小企業転身して感じた「WEB担当は魔法使い?!」

新卒として入社したリコーで最初に担当したのは遠隔コミニュケーションシステムの研究。働き方がどう変わるかを検証し商品開発につなげるようなプロジェクトでした。その後、本部長から「とにかく新しい事業を考えよ」という指令を受け、チームで世界動向や技術動向を探っては新事業を提案をするということをやっていた時期もあります。仕事上の紆余曲折はありましたが「ITを使って働く人をサポートする」という軸はブレることはありませんでした。

リコー在籍中に経営と企業をITで繋ぐための「ITコーディネーター」という資格を取得して、その役割の面白さを体験していたこともあり、退職後は小さな製菓材料メーカーのECサイト担当に転身。ITの知識があると色々なことができるように思えるのか、魔法使いのように重用され、幅広い仕事をさせてもらいました。その経験は今のラクスルの仕事にもとても役立っています。

SNSやゲームより、ITでリアルな産業を変えていきたい

その後FinTechベンチャーであるfreeeを経て、2017年3月にラクスルに入社しました。WEB開発というとゲームやSNS系を手がける企業が多いのですが、ラクスルは印刷や物流といったリアルな産業に向けた業務システムを手がけているというところに惹かれました。古くからある産業にITを掛け合わせれば変わっていくなという要素が感じられましたし、私自身の好奇心もしばらくは飽きることなく満たされ続けるだろうな、と。 実際に働いてみると、個人プレーというよりチーム一丸となって世界を変えていこうという感じがします。簡単なことではありませんが、あえてそこに挑戦する。ラクスルの「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」というビジョンに共感した優秀なメンバーが揃っており、日々学びが多いですよ。

「なぜつくるか」を意識することで感じる働く意義

今はまだ女性エンジニアはマイノリティーで、仕事相手の多くは男性です。過去にはなかなか話が通じなかったり、居心地の悪さや不便さを感じることもありました。しかし、ラクスルはエンジニアで固まりすぎることもなく、ディレクターやデザイナーを含めたスモールチームで業務にあたるので、日々いろんな人とやり取りがあるので楽しいですよ。環境的にも長時間労働は推奨されておらず、女性として長く働いていけそうだなと感じています。 仕事モードの時は、みんなが「本当にできるの?」と思う世界を実現したいという想いが強いのですが、スモールチームでの業務は、ただシステムをつくるだけではなく「なぜそれをつくるのか」まできちんと入り込めるので、働く意義や意味を見出しやすくお客様に役に立っていることを実感しやすいです。

女性エンジニアとしてのキャリア形成と存在価値とは

これまで、常にできることを増やす努力をし、目の前のことを大切にすることでチャンスにも恵まれました。アプリケーションエンジニアになるためには、知識や技術だけでなく経験則も必要なので、女性も長期的な視野を持ってキャリアを形成する必要があると思っています。だからこそ自分が“フィットする場所”を見つけられるかどうかが女性がエンジニアとしてキャリアを築いていく秘訣ですね。 そして、これからも自分が女性であることは大事にしたいと思っています。仕事で成果を出すこと以外にも、女性が存在することで場が安定することが研究で証明されているので、自分自身がそういう存在でいられることも大事にしています。縁あって一緒に働くメンバーには、自分と一緒に働くと楽しいという経験をしてもらいたいですし、そこから価値のあることに繋がっていけばいいなと思います。

私たちは「世界は変えられる」と
本気で信じています。

あなたは本気で
「世界を変えたい」
と思いますか?

現在募集中の職種はこちら