サーバーサイドエンジニア 山本 瑞起

サーバーサイドエンジニア

2016年1月入社

山本 瑞起

Mizuki YAMAMOTO

エンジニアとして「日々勉強する」という姿勢を教えてくれた先輩。
今度は自分がその姿勢を後輩に伝えていく番だと思っています。
PROFILE
奈良先端科学技術大学院大学卒業後、精密機器メーカーに入社。ソフトウェアの品質改善、プロセス改善等業務に従事した後、WEB エンジニアに転向。サーバーの構築から、API 設計、フロントまで、なんでもこなせるマルチエンジニアとして2016年1月にラクスル入社。現在は折込、ポスティング、DMなど、ラクスルの集客支援サービスのシステム改善を担当。

スタートアップで試行錯誤。気づけばWEBサービス関連全般ができるように

新卒として老舗の精密機器メーカーに入社し、社内の開発チームに向けてソフトウェア品質改善やプロセス改善の提案を行う業務に従事しました。関係各所の調整役に回ることも多く、エンジニア能力に加えて折衝能力もずいぶんと身についた気がします。その後、旅行関連スタートアップに転職し、WEBエンジニアとして機能改善や保守を1年間担当した後、キュレーションメディアの立ち上げを任せてもらいました

インフラ、サーバサイド、フロントエンドの開発、更にはユーザーからの問い合わせ対応など、少ない人数の中でとにかく出来ることは何でもやりました。試行錯誤をしながら育てたサイトは月間約4000万PVを稼ぐまでに成長。その頃には、WEBサービスの構築・運用・保守の一通りのことがこなせるようになっていました。

誰よりも慎重派だからこそテストや品質には一過言持っています

現在は、サーバーサイドエンジニアとして強固な土台作りや品質の担保に力を入れています。ラクスルに入社して改めて、新卒で入社した会社のカルチャーが社会人の素地をつくるんだなということを実感しています。品質改善やプロセス改善に携わる中で学んだことが今でも自分の中にしっかり根付いていて、テストや品質には一過言持っていますよ。

ラクスルでも、これまではスピード最優先で走ってきた傾向があり、テストなどが十分に行えていたかというと必ずしもそうではないところがあります。ただ、これからはやはりお客様に安心して使ってもらえることにもっとフォーカスしていくべきだと考えていますし、その点においては人一倍慎重な私だからこそ誰よりも貢献できると考え、仕事に向き合っています。

ラクスルに惹かれた本当の理由は“オフィスが綺麗だったから”

天井高12メートルの開放感あふれるオフィスは思った以上に過ごしやすい環境です。メンバーも中途入社の方が多く経験豊富。1つの物事に対して多面的なアプローチをするので非常に勉強になります。前職のスタートアップはメンバーも少なく今ほどの観点はありませんでしたし、最初の会社は古い会社だったので、その会社の中でしか使えないような知識やルールが多々あったように思います。 ラクスルでは、ステイクホルダーがものすごく多いことに驚いています。エンドユーザーだけでなく、委託先のことも考える必要があり、関係者が多い分、万が一の際の対応は一刻を争います。今でも迅速に対応をしていますが、個々にかかる負荷も高いことから、事故が起きないシステムにすることが課題だと感じています。大きな課題ではありますが、とてもやりがいがあります。

“地道な人”の座右の銘は「継続は力なり」

常に勉強し、発信できるエンジニアになっていきたいです。「継続は力なり」ということが座右の銘で、自分自身を”地道な人“だと思っています。日々、自分が携わっている分野で著名な人のブログなどをRSSでとってこまめにチェックし、業界の最新情報を取得するために英語の勉強をコツコツ続けています。最新情報は大方英語なので・・・ 移り変わりの速いソフトウェア開発において、このような「日々勉強する」という姿勢を教えてくれたのは、最初の会社で出会った先輩でした。この姿勢は、これからエンジニアを目指す人にも心がけてほしいと思う一方で、今度は自分が後輩に伝えていくことだとも思っています。

大切なのは「どこで働くか」より「誰と働くか」

今後、エンジニアとしての就職や転職を考えている人は、たくさんコーディングすることをお勧めします。実際に手を動かさないとわからないことや、座学では遭遇しない事例が実践にはたくさんあります。 また、会社を選ぶときには「背中を追いたくなるような優秀な先輩エンジニアがいるか」という基準を持つこと。良くも悪くも”師匠”の影響は大きいですし、師匠や先輩から学べることをどんどん吸収していくとよいんじゃないでしょうか。自分にない知識や新しい観点に気づくことができるという意味でも「どこで働くか」だけでなく「誰と働くか」が非常に重要だと思っていますし、自分自身も誰かにとって一緒に働きたいと思ってもらえる存在になれたらいいなと思います。

私たちは「世界は変えられる」と
本気で信じています。

あなたは本気で
「世界を変えたい」
と思いますか?

現在募集中の職種はこちら