ハコベル(セールス) 石川 瞬

ハコベル(セールス)

2016年5月入社

石川 瞬

Shun ISHIKAWA

マネージャー

社会人として育ててもらった物流業界に、ハコベルで恩返し!
ITで物流を効率化し、よりよい世界を実現したい。
PROFILE
高校卒業後、ドライバー経験を経て運行管理者に。自社ドライバー50名のマネジメントの傍ら、利用運送事業の売上を5年間で5倍にまで成長させる。10年間にわたる運送業界での幅広い知見と経験を携え、2016年5月にラクスル入社。ハコベルのセールス責任者として運送会社と荷主企業からの絶大なる信頼を集める。

子供の頃からの夢だったトラックドライバーとしての人生

車を見るのも、いじるのも、運転するのも大好きで、子供の頃から将来は車に携わる仕事がしたいと思っていました。高校卒業後、念願のトラックドライバーとなり、大卒初任給の2~3倍は稼いでました。ドライバーってやればやるだけ稼げるんですよ。ただ、長い目で将来を見たときにこの働き方は続けられないと思い、入社4年目にマネジメントに転身しました。

運行管理者となり、父親ほども年の離れたドライバーのマネジメントを担うことに。ただ、まだ20歳そこそこの若造からあれこれ指示されるというのは、年輩ドライバーからするとあまり面白いことではありません。若さゆえ、いろんな衝突や葛藤がありましたが、自分自身も成長し、最終的にはドライバーからも荷主からも信頼を得ることができ、会社の売上の4割をつくれるほどの稼ぎ頭になりました。

ハコベルを通して大好きなトラック物流業界へ恩返しがしたい!

指名で荷物を委託してくれる企業もたくさんあったのですが、運行管理者はそれを運んでくれるドライバーを手配するのが仕事。自分が責任を持って荷物を届けられるわけではなく、仕事のあり方や業界の慣習に対して疑問を持ち始めたとき、たまたま物流専門紙で「ハコベル」の記事を見かけて「これだ!」と思いました。自分の業界知見と、ラクスルが築いてきたITの知見を掛け合わせたら、業界に対する悶々とした思いを「ハコベル」として昇華できるという確信があったんです。このサービスを形にして、自分の社会人経験を築いてくれた大好きなトラック物流業界へ恩返しがしたいと伝えると、お世話になった社長も快く送り出してくれました。そのことは、今でも感謝しています。

「自分が惚れこんだものが、誰かの役に立つ」という幸せ

宮武、蟻塚に続く3人目のハコベルメンバーとなり、セールスを担当することに。日々、運送会社や荷主企業のリアルな声に耳を傾け、それをチームにフィードバックすることを積み重ね、この1年でサービスもずいぶん充実してきたなと思います。一方セールスとしては、売り方や売り先を明確にして、きちんと数字を作っていくことに責任を感じています。実はラクスルに入るまでセールス経験はゼロなのですが、今「心から好きなものを売れる幸せ」を感じています。「売る」というより「自分が好きなものを教えてあげたい!」という感覚ですね。自分がいいと思うことを勧めて、それが相手の成果にも結びつくなんて、これほど嬉しいことはありません。

年齢に関係なく切磋琢磨しあえるメンバーとの出会い

今では10名を超えたチーム・ハコベルですが、どのメンバーも心の底から尊敬でき、一緒に仕事ができることを誇りに思えます。中でも、自分の価値観を大きく覆してくれたのがディレクターの宮武は大きな存在です。1つ年下の彼が持つ、ビジネススキル、視野の広さ、考え方、すべてにおいて「こいつはんぱねー!!」と。年齢に関係なくそんな風に思える人にはこれまで会ったことがなかったので、自分より短い人生の中で、自分よりいろんな体験をしているんだと思うと、自分がちょっと恥ずかしくなりました。自分自身のバリューについても真剣に考えるようになり、日々いい意味で刺激やプレッシャーをもらっています。

日本のインフラを支えるトラックドライバーはかっこいい!

世の中にはたくさんの「ドライバー職」がありますが、その中でもトラックドライバーは子供のなりたい職業として最下位。日本は道路がきれいに整備をされているのでトラック物流が日本のインフラの9割を占めているにもかかわらず、残念ですよね。でも業界が変われば、トラックドライバーがパイロットや車掌さん、船長さんより「かっこいい」と思われる職業になるかもしれないし、そうしていきたい。それほどハコベルに賭けています。だから「ハコベル」の素晴らしさを誰よりも理解し、愛しているのは、唯一の業界出身者である自分だという自負がありますよ!

私たちは「世界は変えられる」と
本気で信じています。

あなたは本気で
「世界を変えたい」
と思いますか?

現在募集中の職種はこちら